設備屋さんの日々精進的ブログ 

プロパン販売並びに水廻り関係の仕事を通じて日々精進していく様を時々綴る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日曜日の出勤

昨日は、後輩の結婚式で、しこたま飲み、今朝の猛暑で最悪の目覚め。

日曜日ということで、二度寝の体制に入るが、突然の電話が鳴る(電話はいつも突然だけどね。)

「ガスが点かないんですよ~、ガス切れじゃないですか~。」

そんなことは無いと思いつつ、現場へ向う。

案の定、ガスは満タンである。なぜ点かないかというと、ガスメーターの安全装置が働いていたからだ。

長時間使用は安全の為、2時間で遮断する仕組みになっている。これはどうしてかというと、消し忘れの場合を考えて、メーターが自動で判断し、安全装置が働き、遮断するしくみになっている。

今朝のお客様のそうであった。

うっかりされたことに驚かれ、安全装置に驚かれ、そして安堵の表情へと。

ガスは火を使うので危ないイメージがありますが、我々業界でも日々研究開発を行っておりますので、安全に安心してお使いいただけます。

当社では、電話回線と連動し、お客様が留守のときでも安全装置が働いた場合、連絡がはいる仕組みになっております。

クリーンエネルギーのガスで調理すればすばやくおいしく、しかも、上昇気流が発生しますので、油や煙が換気扇まで到達しますので、電気調理器みたいに床がべたべたしません。

ガス炊飯器のご飯はおいしいですよね~
スポンサーサイト
  1. 2008/07/27(日) 12:52:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流し台の移動

予てより、お客様から要望があったシステムキッチンの移動(移設じゃなくて)工事を今朝ほど完了しました。

2730あるI型(L型とI型が一般的)の流し台を左方向へ5センチ移動するというもの。

たかが5センチと思うなかれ。結構大変な工事でした。

システムキッチンは、各パーツを並べ、その上に天板を置き、それぞれのパーツをビスで固定し、各所に給排水であってり、ガスであってり、電気であったり配管を接続します。
仕上げに廻りをぐるっとシリコンでコーキングしてごみや水の浸入を塞ぎます。

その作業を逆から行い、5センチ動かしてまた組み立てます

もとの配管は床や壁から立ち上がっているので、配管はそのままで、流し台に接続している部分を5センチ穴を開けなおさなければなりません。

組み立て作業とともに、その穴の補修が結構難しいんです。


え~、なかなかお分かりいただけないかと思いますが、今回のような工事は初めてでしたもので。


そもそも、なんでたった5センチ移動する必要があるのかって思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そこの奥さんが部屋の模様替えをしていて、どうしてもその隙間に冷蔵庫を納めたくなられたらしく、そのような事になりましたとさ。。。

いろんなご要望にお答えしなくてはなりません。

「日々精進」
  1. 2008/07/22(火) 10:12:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

水道の歴史

歴史を通じて人々は、より便利に水を取得して利用する装置・機関を考案してきた。古代ローマでは水道橋を建設して水源から水を運び、屋内配管によって家庭に水を供給していた。これらの水道をローマ水道という。

日本においても、室町時代後期(戦国時代)小田原の戦国大名北条氏康によって日本初の上水道小田原早川上水が建設された。江戸時代には、江戸に水を供給する神田上水や玉川上水などが建設された。これは各戸給水をするものではなかったが、当時世界でも最も進んだ設備であった。

明治に入ると西洋の近代的水道が導入され、公衆衛生の確保のため都市部を中心に上水道の敷設が行われていき、第二次世界大戦期には一時停滞するものの、その後の高度経済成長期には飛躍的に普及して、おおむね1975年ごろには一部を除き日本全国に上水道網が完成した。また、経済成長や、風呂・洗濯機などの普及に伴って生活用水、工業用水の需要は大きく増加し、各地でダムの建設など、水源の確保が図られた。

  1. 2008/07/16(水) 15:41:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水道のお話

世界の水道状況
2004年には、世界の約35億人(全人口の54%)が家庭で水道の配管を通して水を利用した。別の13億人(同20%)が家庭以外の水道で安全な水を利用した。さらに別の10億人(同16%)以上は安全な水を利用できなかった。

水の供給と健康には大きな関係がある。排泄物などに触れた水を飲むことで、コレラや赤痢、チフスなどの病気が流行する。また、特に体力の弱い乳幼児は、不浄な水の摂取による下痢による脱水症状で、毎年多数が死亡している。

また、清浄な水は洗濯や入浴、食品や食器の洗浄などにも必要である。




Wikipediaより
  1. 2008/07/15(火) 15:51:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめまして。椿原住宅設備です。

この度、椿原住宅設備のホームページを立ち上げました。
(実は第2弾)

まだまだ未完成ではありますが、今後、益々充実させていきます。


みなさまのお役に立てる商品や、珍しい商品など、随時UPしてまいりますので今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2008/07/08(火) 16:43:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

椿原住宅設備

Author:椿原住宅設備
■システムキッチンやバス・トイレの水周りの工事
■ガス用品及びガスの配管工事
■合併浄化槽設置工事
■水道用品やキッチン周りの備品(限定)
■ガーデニング用品(限定)
■その他(お掃除関係用品など)

工事は勿論、ホームセンターなどで取り扱ってないような珍しいものや、
選りすぐりの商品を販売いたしております。

椿原住宅設備のHPはこちら

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

未分類 (230)

ブログ内検索

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。